楽天で水晶をスピリチュアル・ショッピング
楽天で植物をスピリチュアル・ショッピング

オーラの泉と占 星学

奈美悦子さんのスピリチュアルメッセージを占 星学で占う

コメント、トラバ、お世話になっております。ブログを見ていただいて、ありがとうございます。江原啓之さんのスピリチュアルメッセージ@オーラの泉を占 星学で占うです。

今回、スピリチュアルメッセージ占星学占うのは、オーラの泉第17回ゲスト奈美悦子さんです。
1950年12月27日生まれの奈美悦子さんは、下のような占い結果が見られます。

【基本的性格】
思慮深く沈着な対処をする。野心的で、目的達成の為の地味な努力と忍耐力を有する。

【感情と感受性】
シャイで、非常に傷つきやすい。安定志向で、堅実な状況を求める。管理能力に優れる。

【知識とコミュニケーション】
真面目すぎて、無愛想でとっつきにくい印象。付き合いが苦手で、のみこみが悪い。

【愛情と価値観】
人見知りしやすく、馴染むのに時間が掛かる。質素さを好み、贅沢を控える。

【行動面】
分野を問わず、独創的な目標の実現を欲する。スピードと技術を要するゲームを好む。

【進むべき道】
思いやり、想像力、治癒能力などが引き出される。芸術や科学の研究に適す。

【克服すべき課題】
几帳面さや堅実さが加わるが、協調性や公正さが抑圧され、粗野で独善的な傾向を持つ。


オーラの泉での江原啓之さんのスピリチュアルメッセージは以下のような感じです。

奈美悦子さんのオーラの色:赤・紫・金
江原啓之さんのメッセージ
病気を通して自分の中で「人生ってなんだろう」と見つめなおした。
それが「英知」の金を作り上げた。

奈美悦子さんの前世:お屋敷に奉公した女性、遊女だった時代もある
江原啓之さんのメッセージ
前世も家族のために生きた。家族を助けるために、自分が奉公に出た。
すべてお里のために尽くしていたので、今生でも贅沢をしたいと思わない。
父の借金のため、自分が犠牲になって体を売っていたこともある。

奈美悦子さんの守護霊:武家の奥方
江原啓之さんのメッセージ
「ご自身のために生きなさい」というメッセージ。
自分のために生きていない。自分自身の人生を味わう、自分での経験をすること。
そのため、今生では守護霊さん達の力で芸能界に入った。
「縁の下の力持ち」から開放され、自分を表現するとき。

奈美悦子さんの補助霊:お父さま・愛犬
江原啓之さんのメッセージ
奈美さんが夜怖いのは胎児のときの影響だとお父さまが謝っている。
お母さまが嫁いだ先で、お母さまの周りは敵だらけだった。
そのせいでお母さまをすごく不安に陥れてしまった。
お母さまの話では無理やり嫁がされたということだったが、本当は愛し合っていた。

奈美悦子さんの病気:掌せき膿疱症性骨関節炎
江原啓之さんのメッセージ
奈美悦子さんが掌せき膿疱症性骨関節炎を患ったのは、本を書いて
同じ病気の人を励ますという運命的な使命と、自分自身への教訓、勉強。

※掌せき膿疱症性骨関節炎:骨の変形や破壊から激痛を引き起こす難病

    ↓↓↓

占いの結果を見たとき、最初は「シャイで、非常に傷つきやすい」や
「人見知りしやすく」と言うところは奈美さんの性格とは異なると思ったんですが、
話を聞いていくうちにテレビで拝見する姿はキャラで作られたものだったんですね。
今回の占いで最も当たっていると思ったのは「質素さを好み、贅沢を控える」です。
これは前世の奉公していた女性の影響が今生にも残っているんですね。
占いの克服すべき課題はスピリチュアル・メッセージとは異なりますが、
金のオーラをお持ちの奈美さんにとってはすでに克服されたものなんでしょうね。


その他にも、江原啓之さんのスピリチュアルなメッセージがあるのでご紹介します。

【関節が痛くなるのは頑固さが原因。
 心を楽にして柔らかく持っていくと治る事がある】

【「天職」と「適職」は異なる。
 「適職」は肉体を養うためのもの。たくさんの経験をさせて頂いている。
 お給料もらいながら、魂を鍛えさせて頂いてる。本当は感謝すべき。
 「天職」は魂を喜ばせる事や使命。
 「適職」に「天職」を混ぜていくといい】

【人は経験を通して学んでいくことが大切。
 喜びの時も学びになるが、苦しみの時の学びは大きい】

【女性には「何かのために」がある人がうらやましい。
 本当は見えないところで苦労が多い。
 たとえ人から妬まれても気にすることはない。】

江原啓之さんのスピリチュアルメッセージ@オーラの泉を占 星学で占う
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバック

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。